フォト
無料ブログはココログ

bird01渡り鳥たち

  • 飛島の遠景
    日本海の島の 渡り鳥たち

bird02オオタカⅠ

  • Img_9
    カラスを池に水没死さす

bird03ヤマセミ

  • Img_0320
    相模川や林道

bird04ルリビタキ

  • ルリビタキアイショーフイニッシュ4
    2月上旬のアイスショー

bird05サンコウチョウⅠ

  • Img_2011.5月巣作り3
    雛の巣立ちまで

bird06フクロウ

  • Img_4フクロウ雛羽ばたき練習
    5月中旬山梨と埼玉

bird07カルガモ親子

  • Img_8
    5月30日和泉川

bird08ワカケホンセイインコ

  • Img_10
    5月末神社の境内

bird11カワセミのヒナたち

  • Img_10
    この時期カワセミの雛たちは親鳥に導かれ外界で活動開始する。雛は給餌を受けながら、餌捕りの練習をして早く独り立ちを要求される。ヒナたちもサバイバルだ。

bird13サンコウチョウⅡ

  • Img_9437
    巣作りから抱卵

bird10ハヤブサ

  • Img_3596
    猛禽でも最速の速さで飛ぶ ハヤブサの様々な様子!!

bird12オオタカⅡ

  • Img_9382a
    猛禽類の中では大変人気がある!

bird14ツミ幼鳥の闘いなど

  • Img_6061a
    隣町の公園のツミたちです

bird15チュウサギと雨蛙

  • Img_6673
    稲穂の上でチュウサギが 雨蛙をとった!!

bird16甲斐の峠の野鳥

  • Img_3541
    山梨県塩山市から登る峠で 出会えた野鳥たち!!

bird17カワセミⅠ

  • Img_87693
    色々なシーンのカワセミの アルバムです

bird18カワセミⅡ

  • Img_2967
    カワセミを集めた写真 そのⅡです。

bird19野鳥たちのアルバム

  • Img_5973
    様々な野鳥をランダムにのせてあります。 一部水鳥もあります。

bird20ミサゴⅠ

  • Img_4067
    ミサゴの漁を中心にした パフォーマンスを載せた!!

bird21オオタカ

  • Img_8569
    オオタカの狩り

bird22クロツラヘラサギ

  • Img_9491
    希少なアジアのヘラサギ

bird23コウライアイサ

  • Img_5598
    西の大きい川に来たよ!!

bird24ウミアイサ

  • Img_9070
    川に来たウミアイサ!

bird25ミサゴⅡ

  • Img_9847
    ミサゴの漁を中心に!

bird26ミコアイサ

  • Img_9698
    横浜にもミコアイサ来たよ

bird27オシドリ

  • Img_7517
    町とお山のオシドリ

bird28林道の野鳥

  • Img_7199
    この年末に会えた

bird29真弓の実に小鳥

  • Img_7887
    真弓のピンクの 実に小鳥たち

bird30トモエガモ

  • Img_1177
    トモエガモのドングリ拾いなど

bird31ルリビタキ

  • Img_3805
    冬の青い鳥

bird32ヨシガモ

  • Img_6159
    冬鳥ヨシガモ

bird33ヤツガシラ

  • Img_3109
    初めて見たヤツガシラ

bird34コミミズク

  • Img_2011
    渡良瀬遊水地など

bird35ソデグロヅル

  • Img_5218
    本埜白鳥の郷

bird36ハイイロチュウヒ

  • Img_9035
    稲敷と渡良瀬

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

2月末に大雪が降る

  2月末の今日朝から大雪となった。春も間近と言ったばかりの昨日と打って変った陽気の変わりようだ。小雪舞う午後になってカメラを抱えて隣の駅近くを見渡せる畑に出てみた。雪景色の中にハクセキレイとヒヨドリだけが元気に飛びまわっていた。大雪になった記録として報告致します(画像は見るべきものがありません)。

・近所の畑の雪景色

Img_8041

Img_8051

・元気に飛び廻っていたハクセキレイ

Img_8077

Img_8091

・雪景色に舞うヒヨドリ

Img_8102

Img_8103

2012年2月28日 (火)

海も里も春間近ですよ!!

  好天に誘い出されて湘南の海と川沿いの里の池などを訪ねた。明日で2月も終り、寒さの中にどこか春の訪れを感じる一日だった。海でミサゴの漁は見られなかったが、今日出会えた野鳥たちを紹介します。ウグイスは今季初めてです。

・湘南海岸に春の訪れ、ユリカモメの大群とイソヒヨドリ♂

Img_7737

Img_7807

・今季初めて見たウグイス

Img_7864

Img_7889

Img_7897

・チョウゲンボウと烏の縄張り争いか

Img_7932

Img_7939

・コジュケイたちも長閑に現れる

Img_7993

Img_8008

・カワセミ、芽吹き始めた木と枯れた薄に

Img_7859

Img_8039

2012年2月26日 (日)

まぼろしの鳥を訪ねて!!

  前回姿さえ見ることが出来なかったハイイロチュウヒ♂を見たくて、また茨城県稲敷を友人2人と訪ねた。予報は微風・晴れと勇んでいった。一向に晴れる様子がなかったが望みのハイチュウ♂に出会うことが出来た。ハイチュウ♀は比較的近くまで来てくれた。ハイチュウ♂は警戒心が強いのか遠くを低空飛行旋回し近くに来なかった。私にとってまぼろしの野鳥にやっと出会えたのに、ピンボケ写真の量産となった。初見初撮りとなった今回の画像を紹介します。

ハイイロチュウヒ♂=48cm、美しい灰色、翼端は黒い。♂より大きい♀=58cm、全体に褐色で腰は白い。ハイイロチュウヒは冬鳥で葦原や水田に渡来し、数が少ない。

・民家の前の葦原から現れたハイチュウ♂~遠くを低空飛行・旋回餌探し

Img_7437

Img_7557

Img_7558

Img_7560

Img_7567

Img_7595

<どんどん離れていくハイチュウ♂>

Img_7616

・遥か遠くに姿を見せたハイチュウ

<遥か上空に現れたハイチュウの♂と♀>

Img_7509

Img_7513a

<上空でノスリとバトルするハイチュウ♂>

Img_7451

<カラスに追われるハイチュウ♂>

Img_7600

・比較的近くまで来てくれたハイチュウ♀

Img_7423

Img_7428

2012年2月24日 (金)

夕昏のセイタカシギ

  夕昏時に六郷土手の『セイタカシギ』を観察に行った。満潮時刻に中洲の方からこちら側のテトラポットを目指して飛んでくる。地元で観察を続けているNさんによると今年は37羽現れているそうです。一羽足の長い『アオアシシギ』を入れて38羽と言っていた。同じ河川敷に『過眼線のないハクセキレイ』にも出会ったので紹介します。

・姿を見せたセイタカシギたち

Img_6275  Img_6315_2

Img_6857

・中洲からこちら岸のテトラポットへ群れで飛んできたよ

Img_7145

Img_7160

Img_7163

・塒の決まりつつあるセイタカシギと六郷土手の夕昏

Img_7209

Img_7305

・セイタカシギの群れにいた「アオアシシギ」

Img_6401

Img_6453

・過眼線のないハクセキレイ

Img_6762

<同じ場所にいた普通のハクセキレイ>

Img_6851

2012年2月23日 (木)

ソデグロヅルの助走離陸上昇!!

  今日は雨、先日の本埜のソデグロヅルの助走、離陸から上昇、滑空までを紹介します。太陽を背にした塒の『白鳥の郷』から餌場の方へ飛立っていきました。助走開始8時32分ジャスト~餌場方向に飛んで消えた8時32分10秒、ほんの10秒間のショーでした。

・ソデグロヅル助走から離陸

Img_5184

Img_5191

Img_5196

・離陸間もないソデグロヅル

Img_5201

Img_5208

Img_5209

Img_5210

・ソデグロヅル離陸加速

Img_5213

Img_5214

Img_5215

・ソデグロヅル上昇から滑空へ

Img_5217

Img_5218

Img_5219

2012年2月22日 (水)

身近な小鳥たち

  自転車で40分ふた山越して隣町の小さな公園を訪ねた。今季はいつもの冬鳥たちの姿を見かけない。ここの小さな公園で身近な小鳥さんたちに出会えた。エナガさんが巣作りの材料(鳥の綿毛)を地面に下りて取って木立の中に運んでいった。いよいよ子育て開始のシーズンとなる嬉しい場面に出会えた。合わせてここで見られた小鳥たちを紹介します。

・エナガ (巣作り用の綿毛を咥えて飛んでいったよ)

Img_6086

Img_6087

Img_6089

・メジロの水鏡 (山茶花の蜜などを求めて来るので住宅地でもよく見かけるね)

Img_6127

・ヤマガラ (他のカラ類と混軍で飛んでくることが多い)

Img_6137

・シジュウカラ (比較的多く見かける小鳥です)

Img_6149

・シロハラ (ツグミの仲間~金色の縁取りの目を見てね)

Img_6251

・コジュケイ (キジの仲間~中国などから移入放鳥され定着した由)

Img_6203

2012年2月21日 (火)

目の入ったパンダガモを見たくて!!

  今日は晴天、前回心残りだった「目の入ったミコアイサ」を見たくて、相模川の上流の公園側の沈殿池を再度訪ねた。幸いにも目的達成でき午前中に切り上げた。帰りには年始に楽しませてくれた「トモエガモ」の公園も行ってみた。

・晴天の池に現れた「ミコアイサ♂」~♀は見かけません。

Img_5707

<マガモの中に寄るミコアイサ>~大分大きさが違います。

Img_5733

Img_5741

Img_5774

Img_5778

Img_5796

Img_5909

・前回のハイブリットと本家筋の「ハシビロガモ」も現れた。

Img_5705

Img_5812

Img_5893

・その他の水鳥も色々います。(カイツブリ、オカヨシガモ、コガモ)

Img_5843

Img_5945

Img_5958

・帰りに寄ったふれあい公園の「トモエガモ」~元気にしておりました。

Img_6005

Img_6039

2012年2月20日 (月)

本埜と稲敷を訪ねて!!

 朝早起きして友人と3人で本埜と稲敷を初めて訪ねた。12月には飛来していたソデグロヅルやハイイロチュウヒに会いたくてミニ遠征を試みた。お陰様で初見初撮りの野鳥に会うことができた。ハイイロチュウヒの♂は今回お預けとなったが、楽しい一日だった。案内してくれた友人と往復運転してくれた友人に厚く御礼申し上げます。

・本埜のソデグロヅルの飛翔 (氷の張った田圃で朝を迎えて)

Img_4987

Img_5152

Img_5189

Img_5208

Img_5217

・本埜のコハクチョウの飛翔など

<オナガガモなどと朝を迎える>

Img_4795

Img_5081

Img_5098

<寄り添うコハクチョウの作ったハートマーク崩れ>

Img_5253

・稲敷のハイイロチュウヒ♀

Img_5403

Img_5404

Img_5657 

Img_5658

・稲敷のコミミズク  (止り木で激突と着地寸前)

Img_5533

Img_5534

Img_5603

2012年2月19日 (日)

丹沢の奥でクマタカに出会う

  丹沢湖を友人たちと訪ねた。明け方の気温は零下、切れるような寒さが肌を刺す。凛とした新鮮な空気は、探し求める野鳥が現れるまで緊張感を誘った。やっとクマタカが左山の端上空にカラスを追って現れた時には、大きな興奮と喜びを味わった。帰路ヤマセミに出会えて大変満足な一日だった。クマタカは遥か上空高く飛びピントの合った写真が撮れなかった。またチャレンジしたい気持ちがふくらみながら帰路に着いた。

・丹沢湖の上流と下流の景色

Img_4531

Img_4507

・左の山上空にカラスを追って現れたクマタカ成鳥

Img_4665

Img_4698

・樹林の上空と稜線を飛ぶクマタカ(幼鳥かもしれません)

Img_4706

Img_4735

Img_4739_2

Img_4717

・道中で会ったヤマセミ♂~対岸の岩に飛んだ

Img_4776

<ハートマークになったヤマセミ>

Img_4777

<こちらに目線を向けた>

Img_4779

2012年2月17日 (金)

明日から『梅祭り』の地元の公園

 今日は地元の野鳥仲間と町の大きな公園に出かけた。探したトラツグミの姿を確認できたが、カメラに収めることはできなかった。昨年に引き続きトラツグミがやっと姿を現した。嬉しいね  (*^▽^*) 。一方明日からこの公園は『梅祭り』なのに紅梅が数輪咲いていただけだった。元気に公園内を闊歩するタイワンリスが目立った一日だった。

・明日から『梅祭り』~紅梅が数輪咲いていただけの公園

Img_4476

<春の七つの芽吹き>

Img_4410

・少ない鳥の影(逆光のシジュウカラ、笹原のトラのないツグミ)

Img_4430

Img_4481

<追憶> 昨年1月この場所に現れたトラツグミ

Img_4859

・元気なのは森を闊歩するタイワンリス

Img_4458

Img_4465

Img_4467

2012年2月15日 (水)

曇り空、目の入らないミコアイサ

  天候は曇り空で優れなかったが、相模原市にある公園脇の池を訪ねた。目的は遊水地以来の今季二度目のミコアイサ!!しかし午前中は池の一番奥の方でお休みしていた。池にはカモ類が多くいて、初見初撮りの『オカヨシガモとハシビロガモ』に出会えた。やっと午後遅くなってから近くに来てくれミコアイサに出会うことができた。それも運よく『ミコアイサの漁』を初めて観察できた。

・ミコアイサと初見の漁 (取った魚の名前は不明)

<ミコアイサ、近くに来たが曇り空で目が見えない>

Img_4095

Img_4206

<ミコアイサの漁>

Img_4259

Img_4261

Img_4264

Img_4269

<漁の後一休み>

Img_4365

・初見初撮りのオカヨシガモ

Img_3733

・初見初撮りのハシビロガモ♂~図鑑で見るハシビロガモ♂と大分違う、エクリプスか?

Img_3859

2012年2月13日 (月)

トラツグミがやってきた

 ヤツガシラのポイントに午前中行ったが姿が見えなかった。昼食後相模川の上流の方に転戦し、道端の公園で今季初めてのトラツグミを観察しました。ヤツガシラポイントに午後もいた友人の話では、ヤツガシラは抜けたとの噂となったみたいです。

トラツグミ: 体長30cm、ツグミ科の漂鳥、全身斑模様で冬季は里で見られる。落ち葉の中に、保護色の強いトラツグミは景色の中に溶け込んで見つけるのが難しい。

・周りの様子を窺うトラツグミ

Img_3153

・リュウノヒゲの実を食べる、食べた後で白い種を吐き出した(3枚目嘴注意)!!

Img_3164

Img_3301

Img_3355

・ノビノビ体操のトラツグミ

Img_3370

Img_3372

・苔の舞台に向かい、振り返ってから姿を消したよ!!

Img_3419

Img_3531

2012年2月12日 (日)

夕飯に来たヤツガシラ

 今日は所用があって午後遅くヤツガシラのポイントに出かけた。諦めかけた頃16時20分にやっと裏薮の木々を渡って現れた。ヤツガシラが移動して次の木に移って枝どまりする瞬間に追いつき、やっとファインダーに収められた。枝被りする木に移り急に芝地に下りた。その後は西日の中で夕飯(虫)を取り始めた。

・今日夕方のヤツガシラ~冠羽を開いて枝止まりする瞬間と夕飯の採餌

Img_2880

Img_2881

Img_2882

Img_2893

Img_3069

<急に飛立ち夕昏の空に消えていった~ピンボケ悪しからず!!>

Img_3109

・昨日朝方のヤツガシラ~池垣の側にモズ男やジョビ子も

Img_2715

Img_2733

Img_2786

Img_2843

<開きかけた冠羽>

Img_2850

2012年2月10日 (金)

素敵な冠羽の冬鳥

 ヤツガシラを探して今日は川原の草むらに出かけた。午前中にやっと比較的近い場所に現れた。仲間からの情報に感謝!!ヤツガシラの初見初撮り、至福のひと時だった。

ヤツガシラ; ブッポウソウ目ヤツガシラ科、体長=30cm、日本では冬鳥又は旅鳥。オレンジ色の冠羽が特徴。

・冠羽を立てて虫探し、やったパックン!!

Img_2304

Img_2306

Img_2309

Img_2310

Img_2311

・忙しく虫探し小ぶりの虫をキャッチした後一休み

Img_2538

<嘴の先端に小さな虫をつかまえているよ>

Img_2550

Img_2607

・扇子状の見事な冠羽を見せたヤツガシラ

Img_2636

<木の枝の陰に休む~今日はここまでグッドバイ!!>

Img_2655

2012年2月 9日 (木)

コミミズクとコチョウゲンボウの里

 今日は友人にお誘いを頂きちょっと遠出をして、コミミズクとコチョウゲンボウに会って来ました。好天と微風のお陰で目的の小鳥さんたちに会うことができた。友人たちの大いなる協力で楽しく鳥撮りをすることができ、感謝感謝の一日でした。

・午前中のコチョウゲンボウ~初撮り

<小型で可愛いコチョウゲンボウ♀~体長=29cmの冬鳥>

Img_1823

Img_1826

Img_1721

<獲物を手に持っていたコチョウゲンボウ♂と思われる>

Img_1621

Img_1625

Img_1626

Img_1627

・コミミズク~午後二時過ぎの顔見世でした

<里の風景~遠景は雪を抱く山々と現れたコミミズク>

Img_1911

Img_1901

<笑い顔と怒り顔のコミミズク>

Img_1916

Img_1947

<飛ぶコミミズク>

Img_2002

Img_2006

Img_2007

2012年2月 8日 (水)

春はあけぼの!!

 今朝早めに湘南の海岸に出かけ曇り模様の中、茅ヶ崎の『烏帽子岩の朝焼け』を見ることができた。海岸でのミサゴの漁を求めて行ったが、ミサゴは上空を旋回するのみで一度もダイビングしなかった。午前中三回姿を現したがいずれも漁には至らなかった。そんな今日の駄作を紹介します。

・春はあけぼの(柳島海岸から烏帽子岩の朝焼け/6時55分撮影)

Img_1428

・曇り空を旋回するのみのミサゴ

Img_1505

Img_1521

Img_1527

・上空高く旋回する二羽のミサゴ

Img_1545

・田圃沿いの川原を散策、出会ったスズメの大群

Img_1594

・昨年12月初めごろ、活発なミサゴの漁(相模川)

Img_9566

2012年2月 7日 (火)

雪の残っていた多摩動物園

 今季は見られる野鳥の種類が激減している感じがします。珍しい動物が見られるかもしれないと思い立ち、多摩動物園を訪ねました(2月2日)。高台にある動物園にはまだ雪が残っていました。雨の今日はその時の一部を紹介します。

・多摩動物園の入口付近雪残っている~帰り撮影、お世話になりました!!

Img_9023

・コアラの親子~横浜金沢動物園でも見たが、可愛い赤ちゃんは初見!!

Img_8632

・ユキヒョウ~中央アジアの山岳に野生5~7千頭のみ生息とのこと希少種!!

Img_8761

・ソデグロヅル~絶滅危惧種、体長=135cm、翼長=245cm。雪が残っても寒いのは得意か。

          今季、野生のソデグロヅルを千葉県で見られるそうですよ!!

Img_8432135cmw245cm

・マナヅル~翼長160cmもあるそうです!!

Img_8441w160cm

・面白いポーズのクロツラヘラサギ~今年11月末に佐沼で見たね!!

Img_8266

・ツクシガモ~意外と可愛い顔している。荒川流域にもいるらしい!!

Img_8253

・ワライカワセミ~「ワッハッハー」と鳴くそうだが、笑わなかったよ!!

Img_8653

・昆虫館の チャムネエメラルドハチドリ~最後に寄って時間切れとなった!!

Img_8978

・漫画みたいな顔のオオワシ

Img_8879

<参考>昨年2月涸沼で見たオオワシ~魚を手に持っているよ!!

Img_9885

2012年2月 5日 (日)

何時もの小川にゴイサギ!!

 曇り空の午後から何時もの小川に、カワセミの漁を見ようと出かけた。カワセミは小魚の漁を失敗しながらも頑張っていた。カワセミ仲間と歓談していると竹薮にゴイサギが現れた。珍しいのでゴイサギ中心の撮影に切り替えた。今日はこのゴイサギを紹介します。(100/400mmズームレンズで撮影~カワセミもゴイサギも入るようにやってみました)

ゴイサギ; 後醍醐天皇の勅命に従い素直に捕まって『五位』の位を授けられた言うことです(歴史物語「大鏡」によると)。体調=57cm、基本的に夜行性、ストローのような二本の冠羽が特徴。

・不漁のカワセミ&現れたゴイサギ

Img_0639

Img_0663

・急に飛び出したゴイサギ

Img_0666

Img_0667

Img_0668

・無事こちらの岸にランディングもコサギに追われた

Img_0689

Img_0759

・目の前でカワセミ(体長=17cm)が小魚漁を始めた

Img_0826

Img_0833

・目覚めたゴイサギ採餌のためか川面を真剣に睨み始めたよ。<ここ迄で帰宅した>

Img_0905

2012年2月 4日 (土)

立春、湘南の畑

  今日は立春、比較的暖かで快晴の一日だった。湘南方面の畑を探索した。昨年突然現れた白くなったハクセキレイ(アルビノと言われている)は、元気に畑や川原を普通のハクセキレイと一緒になって飛びまわっていた。今日は近くの畑にいたタゲリと合わせて報告致します。

・白くなったハクセキレイ(昨年初めて現れ今年も元気でした)

Img_0114

Img_0231

Img_0294

Img_0322

<参考>普通のハクセキレイ

Img_6442

・トウモロコシ畑などのタゲリ(単独行動していて、最後西の方に飛んでいった)

Img_0344

Img_0360

Img_0448

Img_0496

・昨年のタゲリの飛翔から

Img_7640

2012年2月 3日 (金)

やっと出会えたフクロウ!!

  今日は節分、お祝いが届けられました。里山に出かけ昨年末から探していた『フクロウの成鳥』にやっと出会えたのです。昨日多摩動物園で見た珍しい『北極圏のツンドラにいるシロフクロウ』も合わせて掲示しました。

・おはようございます、フクロウさん!!(フクロウの大きな画像=望遠600mm)

Img_9053

・まだ早いよと欠伸などするフクロウ

Img_9248

Img_9285

・目見えているのかな、フクロウさん!!

Img_9318

・静かにしてねと思案中のフクロウさん

Img_9386

Img_9392

Img_9403

・夕方飛立ち姿を消したよ(望遠300mm)

Img_9715

Img_9716

Img_9717

・<参考>昨年6月に撮ったフクロウの幼鳥&親鳥

Img_4187

Img_3847

・北極圏ツンドラのシロフクロウ(上が♂、下が♀)

Img_8931

Img_8949

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

最近のトラックバック

ウェブページ